人材開発 成長を続ける人と組織へ
Menu

Continuous Strategy

企業の長期的な成長に確かな教育研修は欠かせません

Organization Activity

組織活性


企業の長期的な成長に確かな教育研修は欠かせません。

いくら優秀な人材を採用できても、その能力を開発し、活用できなければ意味がありません。OJTももちろん有効ですが、成長機会を捉えた確かな教育研修の導入は、企業の長期的な成長戦略にとって欠かすことのできないものです。

社員のレベルUP、定着・戦力化に向けて企業様ごとの課題に応じてカスタマイズした、独自の研修プログラムをご提供しています。

階層別・階級別研修

階層別・階級別に能力をアップさせる研修項目多数

新人若手層の早期戦力化研修から管理職のマネジメント能力研修など、それぞれの階層・階級に向けて適切な研修プログラムを取り揃えております。

  • + 新人若手層の早期戦力化
  • + 中堅・リーダー層の能力開発
  • + 管理職層のマネジメント力強化
  • + 次世代リーダーの育成

コミュニケーション研修

営業先でも社内でも人への対応力は重要です。

人への対応力は基礎的な能力はもちろん、交渉・営業などでのコミュニケーションスキルなど、様々なケースで重要なファクターとなります。

  • + ロジカルコミュニケーション
  • + 傾聴力・質問力
  • + タイプ別対人対応
  • + 関係構築力
  • + プレゼンテーション力

営業強化コンサルテーション

営業力は「売る力」から「価値を提供する力」へ。

昨今、営業組織を取り巻く環境が大きく変化し、営業活動がかつてなく難しい時代になっています。 昔のように定番商品を覚えれば売れ続けるということはなく、多様化し、 かつレベルが高いお客様ニーズに合わせた営業活動を行うことが求められています。 なぜ、以前と比べて営業活動の難度があがっているのでしょうか。その要因を、 外部環境と内部環境の変化に分けて研修を行います。

人事制度構築
コンサルテーション

人事制度上の課題や悩みは多様化しています。

昨今の人事制度は「求める人材・求める組織」が多様化していることにより、 事業を進める上で必要な人材を見極め、必要な組織はどのような組織かを明らかにすることが困難となっています。 制度は常に変化を求められており、これまで弊社が培ってきた数百社のノウハウを全てお届けします。

組織診断CCS

コーポレートチャーム・サーベイ(CCS)とは

Corporate Charm Survey(以下、CCS)は、「働く人の満足度合いから企業の健全度を測定しようとするもの」です。 働く人の満足は、その欲求が満足されたときに向上します。 その意味では、CCSは働く人をそのニーズ充足へ導くプロセスや機能(モチベーション)をテーマとした調査といえます。

会社・職場・仕事内容の魅力などを定量的に把握した上で、各種広告媒体で訴求するメッセージやキーワード、コンセプトをさまざまな視点から「自社らしさ」を浮かび上がらせ、 それを広告上で展開することで、自社に合った人材の募集や動機付け、合わない人材のセルフスクリーニングなどを狙いとしています。

CCS(コーポレートチャーム・サーベイ)中四国エリアで60社以上の実績

中四国エリアの多くの企業様にご活用いただいています。
①毎年の事業経営計画策定のための現状分析・基礎データとして
②2〜3年毎に「組織活性度の定期健康診断」として
③強み・課題抽出明確化と課題改善により、社員のモチベーションUPおよび優秀な人材の定着化として

マネジメント適性検査

マネジメント適正は管理職の重要なファクターです。

事業運営をスムーズにするために管理層のマネジメント能力は重要です。弊社では「〇〇」のマネジメント適性検査を推進しており、 制度の高い結果をご提供致します。

マネジメント適性検査の特長
  • + 組織長=マネジメントとして混沌とした状況を打破し、成果を上げ続けられる可能性を測定
  • + マネジメントとして活躍するために伸ばすべき強み・意識して行動改善すべき点を報告
  • + Web実施・比較的短時間の回答という簡便な方法で信頼性・妥当性の高い検査結果をご報告
社会環境が目まぐるしく変わり、採用難の今だからこそ、高いマネジメント力が求められています

組織のリスクを最小化し、組織力を最大化するためのカギはマネジメント力にあると言えます

マネジメント力が高い組織長/マネジャーが組織を統括すると・・・

  • + その組織で発生するリスクを未然に察知して防いだり、最小限に食い止めるよう行動したりする
  • + その組織が得られるであろう機会やチャンスを敏感に察知し、利益に結び付けることができる
  • + その組織に所属するメンバーの特性を活かし、育成することによって、会社の将来を担う人材を輩出する

GRテスト

職場において問題行動を起こす可能性の低い人材を見極めるアセスメント

GRテスト(Test of Good Relations in a group)では、会社や組織において最低限度の人間関係を 構築することができ、問題行動を起こさない要素を兼ね備えているかを測定しています。

GRテストのメリット

絞り込んだ測定領域

会社や組織で高いパフォーマンスを上げるために必要な要素は多数あるが、すべての採用時に確認することは時間的・ 費用的・物理的に困難であるため、入社後育成困難な領域に絞って測定

入社前に最低限確認しておくべき要素に絞り込み

回答時間の短さ

測定する領域を「最低限度」に絞り込んでいるため、15分間という短時間で実施が可能

受検者はもちろんのこと、企業/団体側の運営面における負荷も小さい

報告内容の分かりやすさ

要素を絞り込んで測定しているため、複雑な報告は一切なく、シンプルに3段階で報告

結果報告の読み取りや内容理解のための特別なスキルは一切不要

そのため、人事ご担当者様以外の現場責任者様等もすぐに活用可能

Contact Us

お気軽にお問い合わせください。

サポートエリア

広島、福山、岡山、島根、山口、愛媛、高知、香川、東京

代表番号
(082) 252-0411